これからの医療についての勉強会報告

S__6537227.jpg

2015年8月1日(土)に「医学的見地からみた人間の生命に及ぼすテラオス水の効用」を大阪府立大学清水教永教授の臨床データを踏まえ、3人のドクターがお話されました。

  • 五十嵐 勝郎 先生(元弘前病院名誉院長)
     
  • 川原 茂 先生
    社団法人統合医療と水とエネルギー開発機構理事長
    東久邇文化褒章受賞
    米国サンフランシスコ州立大学科学博士(Dr of Science)
     
  • 張 本寧 先生
    NKリンパ球を用いた癌免疫治療法
    ハルピン医科大学免疫学教授
    東京大学医学部大学院卒業

 

人間のカラダは70%が水でできており、血液の源は水と塩である。血液の汚れがあらゆる病の原因であると言われています。